MENU

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 関連文献

当ページでは、「医中誌Web 」に収録された新型コロナウイルス関連の文献情報から、下記の項目ごとに、医中誌Webへの収録における最新10件を公開しております。医中誌Webの更新に合わせて、当ページの内容も月2回更新されます。

2021年6月16日更新

  • 一部の文献は電子ジャーナル(無料/有料)にリンクされています。
  • 文献複写サービス もご利用ください。「文献番号」等によりオーダーできます。なお、「会議録」とは学会抄録のことです。1ページ以下の短い文献の場合が多いので、ご注文の際にはご注意ください。
  • 「医中誌Web」には、主に日本で発表された文献情報が収録されています。海外で発表された文献情報については、PubMed などをご参照ください。

さらにご覧になりたい方は「もっと見る」をクリックしてください。項目ごとに最大200件の文献情報をご覧いただけます。
また、COVID-19に関連するガイドラインのリストを「東邦大学・医中誌 診療ガイドライン情報データベース」でご覧になれます。併せてご参照ください。

診療ガイドライン情報データベース

症例報告

医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
リンク情報
著者収載誌/巻号頁発行年月
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V430300022<Pre 医中誌>】(原著論文)
入院後に急速な悪化を認めた、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)重症肺炎妊婦の1例
抄録
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)妊婦においては、妊娠・分娩の管理、児への対応、肺炎の治療など、様々な問題が生じる。今回、呼吸状態が急速に悪化したため帝王切開を施行したのち、重症肺炎に対する治療を行ったCOVID-19妊婦の症例を経験した。症例は30歳、G1P0。発熱のため、妊娠36週1日にSARS-COV-2PCR検査を施行され、検査陽性と判明し当院に入院した。入院時に既に酸素需要があり、多職種によるカンファランスを行い、呼吸状態が悪化する前に分娩とする方針とし妊娠36週6日に帝王切開を予定した。しかし、手術前日から呼吸状態が急速に悪化し、予定の時間を繰り上げ緊急帝王切開を施行した。手術翌日未明より呼吸状態がさらに悪化し、集中治療が行われ、発症から約1ヵ月で回復に至った。COVID-19妊婦の管理においては、多くのスタッフの関与が必要で、連携のためのシミュレーションや入院後の密な情報共有が重要である。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者大谷 知廣(東京都保健医療公社豊島病院 産婦人科)ほか収載誌/巻号頁東京産科婦人科学会会誌 (2186-0599)/70巻2号 p.264-270発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V428450006<Pre 医中誌>】(原著論文)
中等症新型コロナウイルス感染症COVID-19の1例
抄録
60歳代女性。気管支喘息の既往あり。家庭内にて新型コロナウイルスSARS-CoV-2の感染をきたした。入院2日前より発熱あり。近医で抗原検査を実施したところ陽性のため、治療と隔離目的で当院入院となった。CTで肺炎像あり。安静時SpO2は96%であった。呼吸不全の所見無し。新型コロナウイルス感染症COVID-19中等症Iと診断した。ファビピラビル経口投与を行ったが無効であった。入院6日目にはSpO2値は91%へ低下し、COVID-19中等症IIへ悪化したと判断した。抗ウイルス薬をレムデシビルへ変更のうえデキサメタゾンを追加投与したところ解熱し呼吸状態も改善したため治療有効と判断した。モラキセラ・カタラリス菌の下気道感染合併が判明したため抗菌薬投与を併せて行った。入院14日目に退院基準を満たし、隔離を解除した。現在のところ、中等症以上のCOVID-19症例では呼吸及び合併症の管理、未承認薬の投与を行うため、入院での治療が必要である。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者東 正人(沖縄県立南部医療センター・こども医療センター 呼吸器内科)ほか収載誌/巻号頁沖縄県立南部医療センター・こども医療センター雑誌 (1882-2479)/14巻1号 p.31-34発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427340151<Pre 医中誌>】(会議録)
COVID-19陽性頭蓋内穿通性外傷の1例
リンク情報
医中誌Web
著者萩原 信司(東京女子医科大学東医療センター 脳神経外科)ほか収載誌/巻号頁日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集/44回 p.125発行年月2021.01
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V423590135<Pre 医中誌>】(会議録)
当院を入院した新型コロナウイルス(COVID-19)小児患者の11例
リンク情報
医中誌Web
著者高端 裕人(神戸市立医療センター中央市民病院 小児科)ほか収載誌/巻号頁日本小児科学会雑誌 (0001-6543)/125巻4号 p.680発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V423590133<Pre 医中誌>】(会議録)
Covid-19流行に伴う自宅待機を契機に発症した夏型過敏性肺炎の1例
リンク情報
医中誌Web
著者後藤 弘樹(済生会兵庫県病院 小児科)ほか収載誌/巻号頁日本小児科学会雑誌 (0001-6543)/125巻4号 p.680発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V423090052<Pre 医中誌>】(会議録)
肝細胞癌破裂に対する肝動脈塞栓療法後にCOVID-19感染症を併発した1例
リンク情報
医中誌Web
著者青木 健(東京医科大学八王子医療センター 消化器内科)ほか収載誌/巻号頁日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集/364回 p.33発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V422410006<Pre 医中誌>】(原著論文)
COVID-19に罹患した血液透析患者にデキサメタゾン、レムデシビル、トシリズマブにて治療し軽快した1例
リンク情報
医中誌Web
著者二村 駿行(国立病院機構信州上田医療センター 腎臓内科)ほか収載誌/巻号頁長野県透析研究会誌 (1346-0005)/44巻 p.29-32発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V420500009<Pre 医中誌>】(原著論文)
新型コロナウイルス流行による社会的要因により気分障害の増悪を認めた2症例
リンク情報
医中誌Web
著者増田 綾子(兵庫医科大学 精神科神経科学講座)ほか収載誌/巻号頁仁明会精神医学研究 (2434-6888)/18巻2号 p.118-121発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V419600378<Pre 医中誌>】(会議録)
選択的帝王切開術後に肺炎が増悪したCOVID-19感染妊婦の一例
リンク情報
医中誌Web
著者坂田 美奈(豊中市立豊中病院)ほか収載誌/巻号頁感染症学雑誌 (0387-5911)/95巻95 p.325発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V419600360<Pre 医中誌>】(会議録)
COVID-19に関連して発症した川崎病の1例
リンク情報
医中誌Web
著者新妻 隆広(順天堂大学医学部附属浦安病院)ほか収載誌/巻号頁感染症学雑誌 (0387-5911)/95巻95 p.318発行年月2021.04

もっと見る

ワクチンに関する文献

医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
リンク情報
著者収載誌/巻号頁発行年月
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427470023<Pre 医中誌>】(解説)
最新救急事情(第221話) 新型コロナワクチンの動向
リンク情報
医中誌Web
著者玉川 進(国立病院機構旭川医療センター)収載誌/巻号頁プレホスピタル・ケア/34巻2号 p.87発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V423540001<Pre 医中誌>】(解説)
新型コロナウイルス感染症Up-to-date 新型コロナウイルスのワクチン開発
リンク情報
医中誌Web
著者掛屋 弘(大阪市立大学 大学院医学研究科臨床感染制御学)収載誌/巻号頁Modern Media (0026-8054)/67巻3号 p.89-99発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V416180007<Pre 医中誌>】(解説)
新型コロナワクチンの正しい知識と理解を
リンク情報
医中誌Web
著者峰 宗太郎収載誌/巻号頁コミュニティケア/23巻5号 p.34-38発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V401250003<Pre 医中誌>】(解説)
【経験に学ぶCOVID-19診療-見えてきた日本の治療指針】日本の新型コロナウイルスワクチンの指針 日本の新型コロナウイルスワクチンの指針 これまでの動向と見えてきた展望
抄録
<文献概要>新型コロナウイルスワクチンのうちファイザー社/ビオンテック社,モデルナ社,アストラゼネカ社,ジョンソン&ジョンソン社/ヤンセン社などのワクチンは既に海外で承認され,国内にも導入あるいは導入されようとしている。接種に当たっては,被接種者との十分なリスクコミュニケーションをとり,各施設や地域では安全・円滑に接種できる体制を確保した上で,適切な方法で筋肉内に接種する必要がある。いずれのワクチンも長期的な有効性・安全性については明らかでないことから,注意深いフォローアップが必要である。
リンク情報
医中誌Web
医書.jp_オールアクセス
著者岩田 敏(国立がん研究センター中央病院 感染症部)収載誌/巻号頁感染と抗菌薬 (1344-0969)/24巻1号 p.9-16発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V316360093<Pre 医中誌>】(会議録)
他分野の研究から学ぶ COVID-19感染症に対するワクチン開発の現状
リンク情報
医中誌Web
著者森下 竜一(大阪大学 臨床遺伝子治療学)収載誌/巻号頁日本眼科学会雑誌 (0029-0203)/125巻125 p.69発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V312330001<Pre 医中誌>】(解説)(英語)
COVID-19 vaccines: implementation, limitations and opportunities(和訳中)
リンク情報
医中誌Web
PubMed
J-STAGE(無料)
著者Richman Douglas D.(University of California San Diego)収載誌/巻号頁Global Health & Medicine (2434-9186)/3巻1号 p.1-5発行年月2021.02
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V302200012<Pre 医中誌>】(会議録)(英語)
International Trends in COVID-19 Research and Skin Sensitization Testin Non-animal methods of drug testing and vaccine development in India in the context of COVID-19(和訳中)
リンク情報
医中誌Web
MedicalOnline
著者Akbarsha Mohammad A.(General secretary, Society for Alternatives to Animal Experiments-India, NCAAE, Bharathidasan University, Tiruchirappalli, India & Research Co-ordinator, National College(Autonomous))収載誌/巻号頁AATEX: Alternatives to Animal Testing and EXperimentation (1344-0411)/25巻Suppl. p.97発行年月2020.12
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V302200004<Pre 医中誌>】(会議録)(英語)
Forefront of Antiviral Drug/Vaccine Development: How will alternative methods for animal experiments face COVID-19? Animal experiments and 3Rs on new drugs and technology development(和訳中)
リンク情報
医中誌Web
MedicalOnline
著者Suzuki Makoto(Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University)収載誌/巻号頁AATEX: Alternatives to Animal Testing and EXperimentation (1344-0411)/25巻Suppl. p.91発行年月2020.12
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V302200003<Pre 医中誌>】(会議録)(英語)
Forefront of Antiviral Drug/Vaccine Development: How will alternative methods for animal experiments face COVID-19? Development of in vitro human lung model for COVID-19 research(和訳中)
リンク情報
医中誌Web
MedicalOnline
著者Takayama Kazuo(Center for iPS Cell Research and Application, Kyoto University)収載誌/巻号頁AATEX: Alternatives to Animal Testing and EXperimentation (1344-0411)/25巻Suppl. p.91発行年月2020.12
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V302200002<Pre 医中誌>】(会議録)(英語)
Forefront of Antiviral Drug/Vaccine Development: How will alternative methods for animal experiments face COVID-19? In vitro and in silico approaches for drug discovery against COVID-19(和訳中)
リンク情報
医中誌Web
MedicalOnline
著者Watashi Koichi(Department of Virology II, National Institute of Infectious Diseases)収載誌/巻号頁AATEX: Alternatives to Animal Testing and EXperimentation (1344-0411)/25巻Suppl. p.90発行年月2020.12

もっと見る

診断・検査に関する文献

医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
リンク情報
著者収載誌/巻号頁発行年月
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V506510021<Pre 医中誌>】(解説)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と臨床検査技師
リンク情報
医中誌Web
著者櫻井 博文(長野市民病院 診療技術部臨床検査科)収載誌/巻号頁長野市民病院医学雑誌 (2432-8537)/5巻 p.119-121発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V430600007<Pre 医中誌>】(原著論文)
Withコロナ(SARS-CoV-2)時代に取り入れられた「新しい生活様式」で推奨されている「手洗い・手指消毒」の検証 細菌測定検査からの考察
リンク情報
医中誌Web
著者三浦 由美(小田原短期大学)収載誌/巻号頁小田原短期大学研究紀要 (2432-6267)/51号 p.247-257発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V430380001<Pre 医中誌>】(原著論文)
福井県における新型コロナウイルスに対する検査体制 第11回福井感染制御ネットワーク会議でのアンケート報告
リンク情報
医中誌Web
著者飛田 征男(福井大学医学部附属病院 検査部)ほか収載誌/巻号頁福井県臨床検査技師会誌 (2189-7220)/51巻1号 p.2-5発行年月2020.12
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V428460001<Pre 医中誌>】(解説)
検査UPDATE 臓器移植関連感染症検査
抄録
臓器移植後には、移植後の時期、移植臓器により様々な日和見感染症を発症する。これらの感染症の診断には遺伝子検査が必要となることも多いが、保険適用範囲は限定的である。移植医療は、今後さらに適応を拡大する可能性があり、様々な生物学的製剤(抗がん剤、抗炎症薬など)に伴う免疫不全患者も増加していることから、日和見感染症の的確な診断は今後のわが国の診療において、必要度が非常に高いと考えられる。新型コロナウイルス感染症のパンデミックは移植医療にも多大なる影響を及ぼしているが、これを契機として医療機関の遺伝子検査機器の導入が進んでおり、遺伝子検査の充実と日和見感染症の診断能力向上が期待される。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者飯沼 由嗣(金沢医科大学 臨床感染症学講座)収載誌/巻号頁SRL宝函 (0912-0912)/42巻1号 p.4-12発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V428370001<Pre 医中誌>】(解説)
「がん治療」最前線[特別編] 春を迎え新型コロナウイルスの感染者数が急増 がん患者は新型コロナから如何にして身を守ったらいいのか 重要なことは、コロナ流行前と同じペースで病院を受診し、検査・治療を受けること
リンク情報
医中誌Web
著者上 昌広(医療ガバナンス研究所)収載誌/巻号頁ライフライン21がんの先進医療/41巻 p.3-7発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V428020016<Pre 医中誌>】(解説)
COVID-19 診断・治療・予防
リンク情報
医中誌Web
著者藤倉 雄二(防衛医科大学校 内科学講座(感染症・呼吸器))収載誌/巻号頁リウマチ科 (0915-227X)/65巻1号 p.123-130発行年月2021.01
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427410005<Pre 医中誌>】(解説)
【新型コロナウイルス感染症と学校歯科保健活動】学識者の立場から コロナ禍における学校保健・歯科健康診断の意義と今後の対応
リンク情報
医中誌Web
著者朝田 芳信(鶴見大学 歯学部小児歯科学講座)収載誌/巻号頁日本学校歯科医会会誌 (0285-1121)/129号 p.46-51発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427390002<Pre 医中誌>】(解説)
COVID-19パンデミックにおける上部消化管内視鏡検査の感染対策 被検者由来の飛沫の拡散を低減させるための新規デバイス
抄録
COVID-19パンデミックにおける上部消化管内視鏡検査の感染対策として、被検者のトリアージ、医療従事者の個人防護、室内の換気に加え、被検者由来の飛沫やエアロゾルの拡散への対策を講ずることも重要と思われる。われわれは上部消化管内視鏡検査において被検者由来の飛沫の拡散を低減させるための新規デバイスを考案した。本デバイスのような被検者由来の飛沫の拡散を低減させる対策は、内視鏡診療における新たな標準予防策として活用することを検討すべきと考えられる。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者遠藤 博之(地域医療機能推進機構仙台病院)ほか収載誌/巻号頁消化器クリニカルアップデート (2435-256X)/2巻2号 p.160-166発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V426510024<Pre 医中誌>】(原著論文)
健康診断における環境アンモニアの尿蛋白検査結果への影響に関する検討
抄録
目的:北見工業大学において実施している学生健康診断にて、この数年間、尿蛋白検査における擬陽性率が全国平均の3倍近くに急増した。検査対象である尿中アンモニアの揮発による空気汚染の影響を疑い、その確認のため作業環境測定を行った。方法:実際の健診における尿検査の手順を確認した。また、2020年度の検診において、検査台上の空気をサンプリングし、アンモニア濃度を測定した。結果:尿検査の手順において、試薬汚染が生じうる箇所の存在を確認した。また、サンプルに測定結果に影響を与えうるアンモニアの存在を確認した。しかし、尿検査結果においては、擬陽性率の低下が認められた。結論:今回の観察結果により、検査対象からの揮発性物質が尿検査に影響を与えている可能性が示された。しかし、本研究では、揮発アンモニアによる尿検査への影響を実証するには至らなかった。原因として、コロナウイルス対策による換気強化が考えられた。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者奥村 貴史(北見工業大学保健管理センター)ほか収載誌/巻号頁北海道公衆衛生学雑誌 (0914-2630)/34巻2号 p.155-158発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V426350006<Pre 医中誌>】(解説)
助産診断技術論演習における遠隔授業のシミュレーション教育の取り組み
抄録
2020年度は非常事態宣言を受け、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、大学内への登学が制限された。遠隔授業の中で思考力の強化、技術能力の習得を目標として、助産診断技術論演習を行った。遠隔授業となったため、コミュニケーションにおける工夫が難しくなることが予測された。そこで、学生がどのような立ち位置で産婦に関わるかをイメージできるよう、産婦からの情報収集やケア実施の場面で、事前に撮影した動画を使用するなどの工夫を凝らした。動画を通して必要な情報収集を行い、初期診断の実践ができるよう思考の強化を図った。また、臨地実習において遭遇する可能性のある事例を6事例に増やし、初期診断を繰り返し行うことで、情報を統合しアセスメントする思考過程を養うことを目的とした。動画を用いたシミュレーション授業は、学生の関心を高め、学生の積極的な発言がみられた。本学での2020年度の助産診断技術論演習における遠隔授業でのシミュレーション教育の取り組みについて、ここに報告する。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者野口 睦美(神戸女子大学 看護学部)ほか収載誌/巻号頁神戸女子大学看護学部紀要 (2423-9240)/6巻 p.39-45発行年月2021.03

もっと見る

PCR検査に関する文献

医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
リンク情報
著者収載誌/巻号頁発行年月
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181410】(解説)
薬学部に設置された新型コロナウイルスPCRセンター
リンク情報
医中誌Web
著者市川 厚(京都大学)ほか収載誌/巻号頁都薬雑誌 (0285-1733)/43巻4号 p.4-7発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021179609】(会議録)
PCR検査とは何か 核酸増幅法のピットフォール
リンク情報
医中誌Web
著者御手洗 聡(結核予防会結核研究所 抗酸菌部)収載誌/巻号頁日本結核・非結核性抗酸菌症学会関東支部学会・日本呼吸器学会関東地方会合同学会プログラム・抄録集/178回・241回 p.14発行年月2020.09
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021178786】(原著論文)
新型コロナウイルス検査におけるリアルタイムRT-PCR法の検討について
リンク情報
医中誌Web
著者岡村 創(静岡市環境保健研究所 微生物学係)ほか収載誌/巻号頁静岡市環境保健研究所年報 (1882-0158)/35号 p.46-47発行年月2021.02
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021178326】(Q&A)
【よくある質問にパッと答えられる-見開き! 検査相談室】感染症 当院はSARS-CoV-2の検査をLAMP法で行っていると聞きました.LAMP法はPCR検査と同じですか?
リンク情報
医中誌Web
医書.jp_オールアクセス
著者三木田 馨(慶応義塾大学 医学部感染症学教室)収載誌/巻号頁臨床検査 (0485-1420)/65巻4号 p.434-435発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021178325】(Q&A)
【よくある質問にパッと答えられる-見開き! 検査相談室】感染症 SARS-CoV-2のPCR検査の感度はどの程度ありますか?
リンク情報
医中誌Web
医書.jp_オールアクセス
著者山元 佳(国立国際医療研究センター 国際感染症センター)収載誌/巻号頁臨床検査 (0485-1420)/65巻4号 p.432-433発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021177523】(解説)
スクリーニング(監視)目的の新型コロナウイルスPCR検査の意義を考える 新型コロナウイルス感染症蔓延に臨んで(その5)
リンク情報
医中誌Web
著者矢野 篤次郎(国立病院機構別府医療センター 感染制御室)収載誌/巻号頁大分県医師会会報/798号 p.23-25発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021177250】(原著論文)
岡山及び近隣県の渡航者用新型コロナウイルスPCR検査外来受診者の特徴
抄録
2019年末から世界的流行を起こしている新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、各国で渡航に制限をかけている中、ビジネスでの国際渡航が再開しつつある。ビジネスの国際渡航の際に、出入国で求められる新型コロナウイルスポリメラーゼ連鎖反応(polymerase chain reaction:PCR)検査の陰性証明を行うため、川崎医科大学附属病院では2020年7月6日から渡航者用新型コロナウイルスPCR検査外来を開設した。同検査専用の外来設置は岡山・香川圏域では最初の試みであり、外来受診者の特徴をまとめることで同地域における海外渡航制限下でのビジネス渡航の動きや問題点を明らかにすることを目的とした。2020年7月6日から9月10日までの同外来受診者93名の診療録をまとめた結果、男性は82名(88.1%)、平均年齢は42.5(±13.2)歳であった。居住地は岡山県が70名(76.9%)であり、香川県は4名(4.4%)であった。渡航先国(地域)はインドネシアが23名(24.7%)と最も多く、次いで台湾17名(18.3%)、中国10名(10.8%)であった。今後、段階的に国際的な往来がますます増加していく中、渡航者用新型コロナウイルスPCR検査外来の需要は大きくなることが予想される。中四国では渡航者用の検査外来はまだ十分な数を確保できているとは言えず、今後の対策が必要である。また、渡航者は渡航先国(地域)の新型コロナウイルス感染症の状況や医療事情に関する情報不足による不安が大きく、渡航者への支援も大きな課題の一つであると考える。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者依田 健志(川崎医科大学 公衆衛生学)ほか収載誌/巻号頁地域環境保健福祉研究 (1343-9286)/23巻1号 p.31-35発行年月2021.01
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021177105】(会議録)
COVID-19患者から採取された唾液検体と鼻咽頭拭い液検体によるSARS-CoV-2検出(qRT-PCR法)の比較検討
リンク情報
医中誌Web
著者太田 賢治(長崎大学病院 検査部)ほか収載誌/巻号頁日本化学療法学会雑誌 (1340-7007)/69巻2号 p.206発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021172603】(原著論文)
医療従事者を対象とした唾液を用いたPCR検査と抗原定性検査による新型コロナウイルス無症候性感染の実態調査および検査の一致度の評価
抄録
医療従事者を対象として、唾液を検体としたPCR検査および抗原定性検査による新型コロナウイルス(SARS-COV-2)無症候性感染の実態調査と各検査の一致度の評価を行った。当院および関連医療機関の無症状の医療従事者232人(男性86人、女性146人、中央値40歳)を対象とした。PCR検査は札幌市保健所委託のPCRとSaliva RNA Sample Collection Kitの2種で行った。2020年12月21日〜23日の間にPCR検査2種と抗原定性検査をそれぞれ同日に1回ずつ行った。職種は看護師が91人(39.2%)と最も多かった。PCR検査・抗原定性検査ともに全例陰性であり、κ係数は計算不可能(非数)であった。医療従事者における無症候性のSARS-CoV-2感染率は市中感染の拡がりを反映していることが示されている。そのため、一時点での検査が陰性であっても、別の時点では陽性率が大きく変わりうることを想定しなければならない。SARS-CoV-2の院内感染の発生・拡大を防ぐために、市中感染の拡がりに応じて医療従事者を対象とした適切なサーベイランスを行うことが重要と考えられる。
リンク情報
医中誌Web
著者真崎 茂法(宮の森記念病院)ほか収載誌/巻号頁北海道医報 (0913-0217)/1229号 p.18-19発行年月2021.02
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021165642】(解説)
日本臨床検査医学会からの新型コロナウイルスに関する提言 唾液を用いたPCRや抗原検査における検体採取や検査の注意点
リンク情報
医中誌Web
MedicalOnline
著者柳原 克紀(長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科病態解析・診断学)ほか収載誌/巻号頁臨床病理 (0047-1860)/68巻9号 p.753-755発行年月2020.09

もっと見る

治療に関する文献

医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
リンク情報
著者収載誌/巻号頁発行年月
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021182012】(解説)
新型コロナウイルス間質性肺炎の本態は免疫介在性炎症性疾患である
抄録
<Point>▼COVID-19はその病態の進行度から主に4期に分けることができる▼SARS-CoV-2間質性肺炎は免疫介在性炎症性疾患の一種であるので、免疫抑制作用や抗炎症作用のある副腎皮質ステロイドが有効である(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者高橋 公太(新潟大学)収載誌/巻号頁日本医事新報 (0385-9215)/5064号 p.26-32発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181988】(解説)
【医療従事者のための感染予防-COVID-19流行を機会に見直す自分と仲間を守る職業感染予防技術】HIVの病態と曝露後対応
抄録
医療現場ではヒト免疫不全ウイルス(HIV)を含む血液・体液への曝露が起こりうる。曝露が起きた場合はまず傷口を流水と石鹸で洗浄した後、必要な部署へ速やかに報告する。受傷後遅くとも72時間以内に抗HIV薬の予防内服を開始する。テノホビル/エムトリシタビン(TDF/FTC)、ラルテグラビル(RAL)の併用を28日間行うのが基本である。医療現場でのHIV感染のリスクは、血液への経皮的曝露により0.3%と報告されている。また、粘膜への曝露後は0.09%と報告されている。したがって、適切な予防が必要である。HIV感染症に対するワクチンの開発は現在も継続して行われており、臨床試験も行われているものの、上市への道が見えない状況である。したがって、抗HIV薬の投与による予防が重要になってくる。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者四柳 宏(東京大学医科学研究所先端医療研究センター 感染症分野)収載誌/巻号頁医学のあゆみ (0039-2359)/277巻6号 p.453-454発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181985】(解説)
COVID-19変異ウイルスの流行とその対策
リンク情報
医中誌Web
著者菅谷 憲夫(神奈川県警友会けいゆう病院 小児科)収載誌/巻号頁日本医事新報 (0385-9215)/5063号 p.82-85発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181982】(解説)
【私の治療 拡大版-在宅医療】ICT・IoTを用いた連携診療
リンク情報
医中誌Web
著者中野 一司(ナカノ在宅医療クリニック)収載誌/巻号頁日本医事新報 (0385-9215)/5063号 p.75-76発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181925】(解説)
提言 自宅療養中の陽性者等の在宅医療対応
リンク情報
医中誌Web
著者英 裕雄(新宿ヒロクリニック)収載誌/巻号頁日本医事新報 (0385-9215)/5062号 p.98-99発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181906】(解説)
【治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療】熱中症
リンク情報
医中誌Web
著者清水 敬樹(都立多摩総合医療センター 救命救急センター)収載誌/巻号頁日本医事新報 (0385-9215)/5062号 p.73-74発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181773】(解説)
コロナ時代の心理学教育 主に「心理学概論」、「心理療法学」、「心理的アセスメントの理論と実践」の実践から
リンク情報
医中誌Web
著者高石 浩一(京都文教大学)収載誌/巻号頁臨床心理学部研究報告 (1884-3751)/13巻 p.91-100発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181630】(解説)
毒舌妻と統計家 臨床試験論文を読んでみる(第5回) カプランマイヤー曲線と患者の半分が回復するまでの時間
リンク情報
医中誌Web
著者今井 匠(大阪市立大学 大学院医学研究科医療統計学)ほか収載誌/巻号頁薬局 (0044-0035)/72巻5号 p.2352-2362発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181627】(解説)
【感染症とステロイド 感染リスクと感染症への効果を理解して使いこなす】感染症に対するステロイド治療の考え方と使い方 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
抄録
<Key Points>◎デキサメタゾンは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の死亡率低下に寄与する薬剤である。◎デキサメタゾンの適応は、酸素投与を必要とする患者である。◎酸素投与を必要としない症例にデキサメタゾンは投与しない。◎デキサメタゾン以外のステロイドも、COVID-19に有効である可能性がある。◎ステロイドパルスの有効性については、まだ十分な検証ができていない。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者保科 斉生(東京慈恵会医科大学 感染制御科)ほか収載誌/巻号頁薬局 (0044-0035)/72巻5号 p.2327-2332発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181558】(解説)
【これからの作業療法を考える-今をがんばっている作業療法士の提言-】これからの作業療法士に望むこと
リンク情報
医中誌Web
著者中村 春基(日本作業療法士協会)収載誌/巻号頁作業療法おかやま (1340-2498)/30巻 p.4-9発行年月2021.03

もっと見る

予後・後遺症に関する文献

医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
リンク情報
著者収載誌/巻号頁発行年月
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V419600180<Pre 医中誌>】(会議録)
新型コロナウイルス肺炎とインフルエンザウイルス肺炎の予後因子についての検討 ROC解析を用いて
リンク情報
医中誌Web
著者伊藤 功朗(京都大学 大学院医学研究科呼吸器内科学)ほか収載誌/巻号頁感染症学雑誌 (0387-5911)/95巻95 p.261発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V419600152<Pre 医中誌>】(会議録)
院内にて新型コロナウイルスに感染した職員の半年後の後遺症状についての検討
リンク情報
医中誌Web
著者駒瀬 裕子(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院)ほか収載誌/巻号頁感染症学雑誌 (0387-5911)/95巻95 p.253発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V331080068<Pre 医中誌>】(会議録)
コロナ禍での病院皮膚科 Long COVID(新型コロナ後遺症)に見られる脱毛症
リンク情報
医中誌Web
著者村上 富美子(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 皮膚科)ほか収載誌/巻号頁日本臨床皮膚科医会雑誌 (1349-7758)/38巻2号 p.259発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181630】(解説)
毒舌妻と統計家 臨床試験論文を読んでみる(第5回) カプランマイヤー曲線と患者の半分が回復するまでの時間
リンク情報
医中誌Web
著者今井 匠(大阪市立大学 大学院医学研究科医療統計学)ほか収載誌/巻号頁薬局 (0044-0035)/72巻5号 p.2352-2362発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181627】(解説)
【感染症とステロイド 感染リスクと感染症への効果を理解して使いこなす】感染症に対するステロイド治療の考え方と使い方 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
抄録
<Key Points>◎デキサメタゾンは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の死亡率低下に寄与する薬剤である。◎デキサメタゾンの適応は、酸素投与を必要とする患者である。◎酸素投与を必要としない症例にデキサメタゾンは投与しない。◎デキサメタゾン以外のステロイドも、COVID-19に有効である可能性がある。◎ステロイドパルスの有効性については、まだ十分な検証ができていない。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者保科 斉生(東京慈恵会医科大学 感染制御科)ほか収載誌/巻号頁薬局 (0044-0035)/72巻5号 p.2327-2332発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181439】(解説)
新薬の紹介 抗ウイルス剤 レムデシビル(ベクルリー点滴静注液100mg/ベクルリー点滴静注用100mg)
リンク情報
医中誌Web
著者中本 大輔(ギリアド・サイエンシズ メディカルアフェアーズ部)ほか収載誌/巻号頁日本病院薬剤師会雑誌 (1341-8815)/57巻4号 p.479-481発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021178635】(解説)
【新興・再興感染症、輸入感染症と周産期医学】新型コロナウイルス COVID-19と妊産婦管理
リンク情報
医中誌Web
著者海野 信也(北里大学 医学部産科学)収載誌/巻号頁周産期医学 (0386-9881)/51巻3号 p.330-338発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021177553】(解説)
【ウィズコロナ時代の総合健診】肺の構造と感染様式、臨床経過および重症化リスクについて
抄録
ヒトの肺には3億から5億の肺胞があり、肺胞の表面を肺胞上皮細胞が覆う。この中のII型肺胞上皮細胞に、SARS-CoV-2がドッキングする受容体であるアンギオテンシン変換酵素2(ACE2)が発現する。ウイルスはここから宿主細胞に侵入、感染が広がり肺炎を発症する。発熱、全身倦怠感、咽頭痛、咳嗽、筋肉痛など風邪やインフルエンザのような症状が出現するが、下痢などの消化器症状や味覚障害や嗅覚障害もみられる。WHOによれば潜伏期間は1〜14日間で、曝露から5日程度で発症することが多い。ヒトへの感染可能期間は、発症前2日から発症後7〜14日間程度である。咳嗽やくしゃみなどを介する飛沫感染と接触感染が主体であり、一部エアロゾルも関与する。最近の報告では無症候者からの感染も40%あるいはそれ以上あるのではないかと言われる。厚生労働省による「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き」によれば、発症から1週間程度で軽症のまま経過し改善する症例が80%、肺炎が悪化して入院を要する症例が残りの20%、そのうちICUでの加療を要する症例が5%、救命できない症例が2〜3%と報告される。重症化のリスク因子としては、65歳以上の高齢、基礎疾患としての悪性腫瘍、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病、2型糖尿病、高血圧、高脂血症、固形臓器移植後の免疫不全の存在、そして肥満(BMI30以上)、喫煙習慣などが挙げられる。性別では、男性の方が女性よりも死亡率が高い。回復した後も、倦怠感、息切れ、関節痛、胸痛、慢性咳嗽が遷延する場合があり、味覚障害、嗅覚障害、口腔乾燥も認められる。ACE2受容体が全身臓器に分布することを考えれば、多様な症状が出現し、後遺症として残ることも理解できよう。これまでの普通の風邪とは様子が異なることも印象的である。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
J-STAGE(無料)
著者桑平 一郎(東海大学医学部付属東京病院 呼吸器内科)収載誌/巻号頁総合健診 (1347-0086)/48巻2号 p.213-219発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021176381】(解説)
【ライフステージでみる女性診療at a glance!-よくあるプロブレムを網羅しピンポイントで答えます。】(II章)ライフステージ別よくあるプロブレム 性成熟期(30代) 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS) 若年女性が、発熱と同時に全身の「痛み」と「疲労感」が強く、ほとんど1日中横になっている。大学病院などで精査するも診断に至らなかった。何を考える?
リンク情報
医中誌Web
医書.jp_オールアクセス
著者天野 惠子(野中東皓会静風荘病院)収載誌/巻号頁総合診療 (2188-8051)/31巻3号 p.314-315発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021176080】(原著論文)
当院における新型コロナウイルス感染症20症例のまとめ
抄録
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は瞬く間に全世界へと感染拡大した新興感染症である。愛媛県でも100名を超える感染者が確認され、当院でも7月1日までに20例の入院診療を経験した。男女比は1:1、年齢の中央値[最小値-最大値]は52歳[12-90]、重症化に関連する基礎疾患は6例で複数を有していた。予測重症化率の平均値(標準偏差)は16(27)%に対して、実際の重症度は無症状5例、軽症10例、中等症3例、重症2例(10%)だった。予測重症化率のカットオフ値を5%とすると中等症以上の予測能はAUC0.973(感度1.0、特異度0.867)と良好だった。死亡は2例(致死率10%)だった。PCR陽性持続期間の中央値[最小値-最大値]は18日[8-29]で、1回陰性確認後再陽性の頻度は17例中7例(41%)と高頻度だった。中等症以上では有意に入院時のCRPとCrが高値で、急性腎障害の頻度も高く、また入院時のCTで進展した病変を高頻度に認めた。治療薬は無症状例を含めて低用量ヒドロキシクロロキンを15例に使用し、中等症を中心にファビピラビルやヘパリンを併用した。治療により予測重症化率に比して重症例を低率に抑えられた可能性はある。COVID-19に関して日々更新される情報を参考にしつつ、重症化リスクの評価と病態、病期に見合った治療選択を行うことが重要である。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
機関リポジトリ(無料)
著者岡 英明(松山赤十字病院 腎臓内科)ほか収載誌/巻号頁松山赤十字病院医学雑誌 (0385-3888)/45巻1号 p.19-29発行年月2020.12

もっと見る

疫学的研究に関する文献

医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
リンク情報
著者収載誌/巻号頁発行年月
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V419150005<Pre 医中誌>】(原著論文)
岡山県における新型コロナウイルス感染症流行の疫学的特徴
リンク情報
医中誌Web
J-STAGE(無料)
著者東恩納 司(岡山大学病院 薬剤部)ほか収載誌/巻号頁岡山医学会雑誌 (0030-1558)/133巻1号 p.43-48発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V413450015<Pre 医中誌>】(解説)
富山県における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の疫学所見 2020年3月30日-5月18日までのまとめ
リンク情報
医中誌Web
著者谷 英樹(富山県衛生研究所)ほか収載誌/巻号頁北陸公衆衛生学会誌 (0386-3530)/47巻47 p.65-68発行年月2020.11
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V322290004<Pre 医中誌>】(総説)
【COVID-19】日本と世界の疫学的視点からの現状と課題
抄録
2019年12月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、人類がこれまで経験したことのない未知のウイルスであり、経済のグローバル化を反映して、大量輸送時代の中で瞬く間に地球規模で拡大した。11月2日現在、新型コロナウイルス感染者数は、全世界で4600万人、死亡者数も120万人を超え、まだ第1波さえも収束していない状況であり、経済活動の再開や世界的伝播により、欧州やアジアやアフリカの一部地域で新規感染者数が急増している。日本では、感染者数101,813人、死者数は1,774人であり、欧米諸国と比較すると感染拡大は抑えられているが、寒波による第3波が懸念される状況である。致死率は全年齢で2-3%であるが、日本における季節性インフルエンザの致死率が0.1%程度であることを考えると憂慮すべき感染症であり、特に高齢者や基礎疾患を持つ人たちへ細心の注意が必要である。従来の感染症拡大は、低中所得国などの貧困や格差、社会インフラ、医療サービスや保健人材などの保健システム基盤が脆弱な場所で拡大し、人的・社会的な被害を大きくしてきた。しかし、新型コロナウイルス感染症では高所得国で感染者数、死者数が多く、中高所得・中所得者が累積死亡数全体の85%以上を占めている。大陸別の感染者数でもアフリカやアジアでの感染拡大は限定的であり、観察致死率も低い。その中でも高齢者率が世界一の日本で死亡者数が少ないことは特筆される。新型コロナウイルス感染症パンデミックがもたらした社会や環境の変化は、「持続可能な開発目標(SDGs)」を一気に推し進めた壮大な社会実験である。21世紀の社会が直面する「新しい脆弱性」に対して、パンデミックの発生を人類の歴史や地球全体のエコロジーの視点から俯瞰し、地球全体を意識したパラダイムへの変革を通して、「ウイルスと共存する」新たな生活様式(ニューノーマル)を実践する歴史的な転換点に立っている。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
J-STAGE(無料)
著者杉下 智彦(東京女子医科大学 医学部国際環境・熱帯医学講座)収載誌/巻号頁東京女子医科大学雑誌 (0040-9022)/91巻1号 p.29-39発行年月2021.02
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V319180001<Pre 医中誌>】(原著論文)
京都府における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のリアルタイムPCR検査状況とSARS-CoV-2陽性例の疫学的特徴(第1報)
リンク情報
医中誌Web
著者永田 瑞絵(京都府保健環境研究所)ほか収載誌/巻号頁京都府保健環境研究所年報 (1341-4232)/65号 p.1-5発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V319090003<Pre 医中誌>】(原著論文)
長崎における医療・介護従事者およびその同居家族のSARS-CoV-2抗体保有率血清疫学調査
抄録
長崎市とその周辺郡(長崎医療圏)に住む医療従事者およびその家族を対象に、抗SARS-CoV-2抗体の保有率調査を実施した。スクリーニングにはイムノクロマト法を用い、確認にはECLIA法を用いた。本研究では、2020年8月11日から8月28日までの間に、13の医療施設から555名の医療従事者とその同居家族121名が登録された。抗SARS-CoV-2抗体検査で最終的に陽性を示した参加者は1名のみであり、参加者の抗体保有率は0.148%であった。この結果から、長崎市とその周辺郡に住む医療従事者とその家族の大多数はCOVID-19の第1波では感染していないことが示唆された。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者天本 悠太(春回会井上病院)ほか収載誌/巻号頁長崎医学会雑誌 (0369-3228)/95巻4号 p.256-260発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V312480033<Pre 医中誌>】(原著論文)
新型コロナウイルス感染症に対する東京都実地疫学調査チーム(TEIT)の活動状況について(2020年1月〜6月)
抄録
2020年1月〜6月に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対し、東京都実地疫学調査チーム(TEIT)が派遣された25事例を対象に、TEITの活動状況を調査した。その結果、医療機関や高齢者介護福祉施設の感染拡大の主な原因は、発熱者をCOVID-19と判断するまでの遅れと、職員を介した接触感染であった。企業では勤務外に開催される飲み会や食事会など、飲食を伴う会合が感染拡大の原因であった。医療機関や高齢者介護福祉施設におけるCOVID-19への対応について、3つの支援が求められ、TEIT以外のチームや専門家を含む関係機関と保健所が連携しながら対策を講じた。3つの支援の内訳は、「疫学調査」、「ゾーニングやコホーティング、感染拡大防止策に関する助言」、「施設機能維持に関する評価とその対策に関する助言」であった。今後、TEITでは保健所と関係機関の連絡調整を担う役割が大きくなると考えられた。
リンク情報
医中誌Web
著者草深 明子(東京都健康安全研究センター 企画調整部)ほか収載誌/巻号頁東京都健康安全研究センター研究年報 (1348-9046)/71号 p.275-281発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【U929470016<Pre 医中誌>】(原著論文)(英語)
2020年1月〜3月の日本におけるCOVID-19アウトブレイクの疫学(Epidemiology of COVID-19 Outbreak in Japan, from January-March 2020)
抄録
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)アウトブレイクの状況と簡潔な疫学を記述した。1月15日〜3月31日に32002名がRT-PCR検査を受け2175例が陽性(6.8%)と判定された。1月15日〜2月10日の症例の大多数(11/16)は中国からの輸入例で、残りは中国からの旅行者と接触歴があった。その後、輸入例とのつながりが不明な症例が蓄積し、国内でのSARS-CoV-2伝播が示唆された。3月に中国で1日のCOVID-19症例数の顕著な減少が報告されたが、欧州と米国では症例数が急上昇した。同時に日本でも3月中旬に再び輸入例の比率が上昇した。3月31日まででCOVID-19症例の輸入元と考えられる国は30を超え、そのうちの51%(138/271)を欧州からの輸入例が占めた。3月下旬には、日本への国際旅行の一部制限と外国人観光客に対する検疫規則の適用により、再度輸入例の比率が低下した。接触者追跡調査により、国内の症例の63%(1194/1904)に確定症例との疫学的つながりが示された。ジムやコーラスグループでのクラスターも検出され、3蜜回避が提唱された。症例の大多数は20歳以上で小児の比率は低かった。全症例中7.7%(167/2175)は重症で、56例(致死率2.6%)の死亡が報告された。60歳以上の症例の致死率と重症者比率が高かった。
リンク情報
医中誌Web
PubMed
Crossref
著者Furuse Yuki(Kyoto University)ほか収載誌/巻号頁Japanese Journal of Infectious Diseases (1344-6304)/73巻5号 p.391-393発行年月2020.09
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181985】(解説)
COVID-19変異ウイルスの流行とその対策
リンク情報
医中誌Web
著者菅谷 憲夫(神奈川県警友会けいゆう病院 小児科)収載誌/巻号頁日本医事新報 (0385-9215)/5063号 p.82-85発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181832】(解説)
つながれない」時代の自殺対策〜ウィズコロナをどう生きるか〜 (第1部)自殺の現状とこれからの自殺対策 いのちの電話の活動のこれまでとコロナ禍からのこれから
リンク情報
医中誌Web
著者堀井 茂男(日本いのちの電話連盟)収載誌/巻号頁自殺予防と危機介入 (1883-6046)/41巻1号 p.8-17発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【2021181690】(解説)
Administration Psychiatry 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメンタルヘルス
リンク情報
医中誌Web
著者高橋 晶(筑波大学 医学医療系臨床医学域災害・地域精神医学)収載誌/巻号頁精神科臨床Legato (2189-4388)/7巻1号 p.64-66発行年月2021.04

もっと見る

予防・感染防御に関する文献

医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
リンク情報
著者収載誌/巻号頁発行年月
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V517010007<Pre 医中誌>】(解説)
神経精神医学 COVID-19感染拡大下の自殺予防
リンク情報
医中誌Web
著者河西 千秋(札幌医科大学 医学部神経精神医学講座)ほか収載誌/巻号頁医学のあゆみ (0039-2359)/277巻7号 p.551-553発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V430370003<Pre 医中誌>】(解説)
新型コロナウイルスの感染対策の強化に向けた取り組み 院内クラスターを経験して
リンク情報
医中誌Web
著者森山 由紀(横浜メディカルグループYMG 感染制御部)ほか収載誌/巻号頁医療関連感染 (2187-9028)/13巻2号 p.38-41発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V428450017<Pre 医中誌>】(解説)
【新型コロナウイルス】総務課による新型コロナウイルス感染症対策
リンク情報
医中誌Web
著者稲嶺 秀樹(沖縄県立南部医療センター・こども医療センター 総務課)収載誌/巻号頁沖縄県立南部医療センター・こども医療センター雑誌 (1882-2479)/14巻1号 p.65発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V428020016<Pre 医中誌>】(解説)
COVID-19 診断・治療・予防
リンク情報
医中誌Web
著者藤倉 雄二(防衛医科大学校 内科学講座(感染症・呼吸器))収載誌/巻号頁リウマチ科 (0915-227X)/65巻1号 p.123-130発行年月2021.01
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427390002<Pre 医中誌>】(解説)
COVID-19パンデミックにおける上部消化管内視鏡検査の感染対策 被検者由来の飛沫の拡散を低減させるための新規デバイス
抄録
COVID-19パンデミックにおける上部消化管内視鏡検査の感染対策として、被検者のトリアージ、医療従事者の個人防護、室内の換気に加え、被検者由来の飛沫やエアロゾルの拡散への対策を講ずることも重要と思われる。われわれは上部消化管内視鏡検査において被検者由来の飛沫の拡散を低減させるための新規デバイスを考案した。本デバイスのような被検者由来の飛沫の拡散を低減させる対策は、内視鏡診療における新たな標準予防策として活用することを検討すべきと考えられる。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者遠藤 博之(地域医療機能推進機構仙台病院)ほか収載誌/巻号頁消化器クリニカルアップデート (2435-256X)/2巻2号 p.160-166発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427210004<Pre 医中誌>】(解説)
【コロナウイルス感染症対策(4)】新型コロナウイルスに対する消毒薬
リンク情報
医中誌Web
著者猪川 和朗(広島大学 大学院)収載誌/巻号頁福祉介護テクノプラス (2187-1698)/14巻5号 p.12-15発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427210003<Pre 医中誌>】(解説)
【コロナウイルス感染症対策(4)】全国老施協と高齢者施設におけるコロナウイルス感染症対策について
リンク情報
医中誌Web
著者公益社団法人全国老人福祉施設協議会収載誌/巻号頁福祉介護テクノプラス (2187-1698)/14巻5号 p.10-11発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427210002<Pre 医中誌>】(解説)
【コロナウイルス感染症対策(4)】コロナ禍におけるグループホームの日常 日々の感染予防と「つながり」の継続
リンク情報
医中誌Web
著者田島 利子(グループホームあんずの家)収載誌/巻号頁福祉介護テクノプラス (2187-1698)/14巻5号 p.5-9発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427170002<Pre 医中誌>】(解説)
COVID-19後の三位一体改革はどうなるのか? 医師偏在対策、働き方改革のゆくえ
リンク情報
医中誌Web
著者堀岡 伸彦(厚生労働省医政局)収載誌/巻号頁日本小児外科学会雑誌 (0288-609X)/57巻3号 p.571-574発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427030007<Pre 医中誌>】(解説)
COVID-19対策におけるサプリメント・機能性食品の使い方 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防および治療に関する亜鉛の臨床エビデンス
リンク情報
医中誌Web
著者蒲原 聖可(玉川会エムオーエー高輪クリニック)収載誌/巻号頁医と食 (1883-6658)/13巻1-2号 p.51-59発行年月2021.04

もっと見る

看護に関する文献

医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
リンク情報
著者収載誌/巻号頁発行年月
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V430520010<Pre 医中誌>】(解説)
COVID-19影響下での新しい教育研修様式を学ぶ!体験型で具体的に分かる!双方向型オンライン教育の設計と実践(第4回) オンライン教育の双方向性を高める3つのポイント
リンク情報
医中誌Web
著者佐藤 和弘収載誌/巻号頁看護人材育成/18巻1号 p.72-77発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V430520006<Pre 医中誌>】(解説)
withコロナ時代の看護基礎教育のニューノーマルをデザインする(第4回) 学習目標の高度化
リンク情報
医中誌Web
著者鈴木 克明(熊本大学 教授システム学研究センター)収載誌/巻号頁看護人材育成/18巻1号 p.43-48発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V428450001<Pre 医中誌>】(解説)
コロナ禍で垣間見る看護師の成長
リンク情報
医中誌Web
著者川平 由美(沖縄県立南部医療センター・こども医療センター)収載誌/巻号頁沖縄県立南部医療センター・こども医療センター雑誌 (1882-2479)/14巻1号 p.5-6発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427580005<Pre 医中誌>】(原著論文)
COVID-19流行下における看護総合実習(成人看護学領域)の学内実践の報告
抄録
看護総合実習(成人看護学領域)が学内実習に変更されたことを受け、がん看護、周術期看護、慢性期看護という構成で実施した。一人の患者ががん薬物療法、手術療法、そして回復期リハビリテーションを受けて療養する事例を作成し、関連する学内演習を計画した。その結果学生は、病態と治療による生活への影響について看護過程を通して具体化し、演習でのデータを活用したアセスメントを通して、患者像を作り上げた。また、演習では試行錯誤を繰り返すことで、学びが深まり新たな学習の動機付けとなった。継続看護に関しては、様々な演習内容を駆使することでリアリティのある患者の退院支援につながった。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者喜多村 定子(佐久大学 看護学部)ほか収載誌/巻号頁佐久大学看護研究雑誌 (1883-6593)/13巻1号 p.43-49発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427400013<Pre 医中誌>】(解説)
COVID-19下における統合実習の実際と今後の展望
リンク情報
医中誌Web
著者武藤 英理(朝日大学 保健医療学部看護学科)ほか収載誌/巻号頁朝日大学保健医療学部看護学科紀要 (2189-1788)/7号 p.68-73発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427400004<Pre 医中誌>】(解説)
新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対応のため遠隔実習となった成人看護学実習(急性期)の教育の質を維持する取り組み
リンク情報
医中誌Web
著者小園 千草(朝日大学 保健医療学部看護学科(成人看護学講座))ほか収載誌/巻号頁朝日大学保健医療学部看護学科紀要 (2189-1788)/7号 p.21-25発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427150012<Pre 医中誌>】(解説)
スタッフのセルフマネジメント力を育てる10のメソッド(第5回) 多職種との連携を図る-COVID-19病棟での連携で大切なこと
リンク情報
医中誌Web
著者三浦 将(チームダイナミクス)ほか収載誌/巻号頁看護展望 (0385-549X)/46巻6号 p.0582-0585発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V427150004<Pre 医中誌>】(解説)
【地域看護学の卒業時到達目標と内容・方法から考える「地域・在宅看護論」の新たな授業づくり】(Part 3)看護学基礎教育で修得すべき地域看護の能力と卒業時到達目標、および目標に到達するための教育内容と方法(2020)の視点を取り入れた「地域・在宅看護論」の授業づくり コロナ禍での効果的な教授法と臨地実習先との連携について
リンク情報
医中誌Web
著者斉藤 恵美子(東京都立大学 健康福祉学部看護学科)収載誌/巻号頁看護展望 (0385-549X)/46巻6号 p.0545-0548発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V426350006<Pre 医中誌>】(解説)
助産診断技術論演習における遠隔授業のシミュレーション教育の取り組み
抄録
2020年度は非常事態宣言を受け、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、大学内への登学が制限された。遠隔授業の中で思考力の強化、技術能力の習得を目標として、助産診断技術論演習を行った。遠隔授業となったため、コミュニケーションにおける工夫が難しくなることが予測された。そこで、学生がどのような立ち位置で産婦に関わるかをイメージできるよう、産婦からの情報収集やケア実施の場面で、事前に撮影した動画を使用するなどの工夫を凝らした。動画を通して必要な情報収集を行い、初期診断の実践ができるよう思考の強化を図った。また、臨地実習において遭遇する可能性のある事例を6事例に増やし、初期診断を繰り返し行うことで、情報を統合しアセスメントする思考過程を養うことを目的とした。動画を用いたシミュレーション授業は、学生の関心を高め、学生の積極的な発言がみられた。本学での2020年度の助産診断技術論演習における遠隔授業でのシミュレーション教育の取り組みについて、ここに報告する。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者野口 睦美(神戸女子大学 看護学部)ほか収載誌/巻号頁神戸女子大学看護学部紀要 (2423-9240)/6巻 p.39-45発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V426350004<Pre 医中誌>】(解説)
分娩介助技術習得に向けた遠隔授業に備えた取り組み ポストコロナを見据えた視聴覚教材の作成
抄録
本学は、学士課程(選択)で助産師を養成している。学士課程の過密でタイトなスケジュールは、分娩介助技術に充分な時間を費やすことが難しく、学生の不安が大きいまま助産学実習に臨むという現状がある。そのため、効率的かつ効果的な教育方法として視聴覚教材に着目した。今年度の分娩介助技術の演習は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で遠隔授業となり、市販のDVDを使用した。しかし、市販のDVDは初学者である学生のレディネスに合ったものではなかった。よって、学生をよく知る教員により、学生の視点に立って考えた分娩介助技術の動画を作成したので報告する。動画の作成方法は、教員が分娩の直接介助者となり、教科書の手順に則って分娩介助の一連の動作を実施し、その動作を撮影した。学生が難しいと感じる会陰保護の技術では、細かな手指の動きに焦点を当てた静止画や動画を撮影し、学生の理解が進むように、動画編集アプリを用いて編集した。時間と場所を選ばず何度も視聴できる動画は、自己学習のツールとなり、助産学実習に向けての不安の軽減につながると考える。また、遠隔授業を余儀なくされる社会情勢の変化にも対応できると考える。今後は、動画を実際に使用し、評価することで、内容の充実を図ることや活用方法を検討していきたい。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者冨田 英里子(神戸女子大学 看護学部)ほか収載誌/巻号頁神戸女子大学看護学部紀要 (2423-9240)/6巻 p.25-28発行年月2021.03

もっと見る

心理的影響に関する文献

医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
リンク情報
著者収載誌/巻号頁発行年月
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V430280005<Pre 医中誌>】(解説)
【新型コロナウイルス感染症拡大下のメンタルヘルス】COVID-19感染拡大下における子育てを巡って
リンク情報
医中誌Web
MedicalOnline
著者長沼 葉月(東京都立大学)収載誌/巻号頁こころの健康 (0912-6945)/35巻2号 p.28-35発行年月2020.12
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V430280004<Pre 医中誌>】(解説)
【新型コロナウイルス感染症拡大下のメンタルヘルス】新型コロナウイルスが高齢者福祉施設の現場にもたらしていることと
抄録
新型コロナウイルス感染症の拡大による介護現場への影響は、何か特別の課題がおきたというよりも、今までにあった課題をより鮮明に浮き彫りにしたのだと思う。(1)介護と医療の連携課題。(2)認知症介護と安全管理の課題。(3)ケアチーム間の関係性の課題。(4)利用者と家族の権利と事業所の安全管理問題などが挙げられるだろう。今回、これをまとめるにおいて何か解決策を提示することなどは私の力量ではできないが、この環境下で経験したいくつかのことを介護現場が抱える課題として改めて整理し今後にむけた問題提起としたい。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
MedicalOnline
著者工藤 美奈子(福祉の杜いまじん)収載誌/巻号頁こころの健康 (0912-6945)/35巻2号 p.22-27発行年月2020.12
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V430280003<Pre 医中誌>】(解説)
【新型コロナウイルス感染症拡大下のメンタルヘルス】新型コロナウィルス感染症拡大下の在日外国人のメンタルヘルス 精神科医療現場から
抄録
2019年末に中国に始まった、新型コロナウィルスパンデミックは、身体医療の現場だけでなく精神科医療の現場にも大きな影響をもたらしている。今日のグローバル化社会においては、昔から日本に在住する永住者や定住者に加えて、外国人技能実習生、外国人留学生、外国人労働者が在住し、今や多文化共生社会になっているといっても過言ではない。東京都は、外国人新型コロナ生活相談センター(TOCOS)を設置し、14言語で、在住外国人のCOVID-19に対する生活相談を始めている。そこにおける健康不安の相談が15.6%とそう多くはないが、精神科医療に結びつく相談も散見される。都心の多文化精神科クリニックを受診したコロナに関連した外国人事例も、緊急事態宣言後の2020年6〜7月には20人を数えている。今回は、COVID-19感染疑いが引き金となって自殺企図に至った症例と、COVID-19感染で入院し退院後、意欲低下、疲労感で初診した二事例を取り上げ考察した。さらに他の受診事例が、COVID-19の影響下でどのようなこころの問題を持っていたのかを、永住・定住外国人、技能実習生、留学生、外国人労働者に分けて記載した。そして、事例から見えてきた外国人のこころの問題は、生きることの不確実性、経済的基盤や社会的基盤の喪失からくる意欲低下、正確な情報を受け取れない不安、外国人であるが故のセイフティネットの利用不可能などがあげられ、また、3密を回避できない状況での外国人の集団感染についても述べた。最後に、新型コロナウィルスパンデミックの中で在住外国人が工夫すべきことを提案した。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
MedicalOnline
著者阿部 裕(四谷ゆいクリニック)ほか収載誌/巻号頁こころの健康 (0912-6945)/35巻2号 p.14-21発行年月2020.12
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V430280002<Pre 医中誌>】(解説)
【新型コロナウイルス感染症拡大下のメンタルヘルス】社会的養護におかれた子どもたちのコロナ禍による影響とメンタルヘルス
リンク情報
医中誌Web
MedicalOnline
著者菅野 恵(和光大学)収載誌/巻号頁こころの健康 (0912-6945)/35巻2号 p.8-13発行年月2020.12
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V430280001<Pre 医中誌>】(解説)
【新型コロナウイルス感染症拡大下のメンタルヘルス】長野県精神保健福祉センターにおける電話相談から見えてきたこと
抄録
2019年12月に発生した新型コロナウイルス感染症は、2020年1月に日本国内で最初の感染例が報告され、以降、感染者は増え続けている。そして、外出自粛要請等によりこれまでと同様の生活を続けることが困難な状況となった。目に見えない未知の感染症に対する不安のみならず、環境の変化に起因するストレスを誰もが感じざる得ない状況が続いている。全国の精神保健福祉センターでは新型コロナウイルス感染症に関連したこころの健康相談の受け付けを行うようになり、当センターにおいても感染への不安や生活の制限を受けたことによるストレス等について、電話相談対応を行ってきている。2020年2月25日から8月末までの約6ヵ月間で、のべ343件の相談があった。相談内容の内訳では、「感染への不安(本人)」が最も多く、続いて「生活の制限等による不安・ストレス」、「仕事・生活への影響に対する不安」という順であった。ただ、時間の経過とともに相談件数は減少しており、新型コロナウイルスの特徴や感染経路の傾向などが少しずつわかってきたことや、「新しい生活様式」が浸透し感染対策が広く取り組まれるようになったこと、生活支援のための窓口や制度などが徐々に整備されてきたことから、不安を軽減させるための選択肢が増えたことがその要因と考えられる。今回の報告では、未知のものに対する恐怖や環境の変化に起因する不安という当然の反応が確認されたこと、時間の経過の中でウイルスの実態や対応の仕方がわかってくることが恐怖や不安を軽減させる方法の1つになりうるということが改めてわかった。しかし、2020年10月現在においても感染拡大が収まったとは言い難く、更に状況は変化していく可能性が高い。今後も新型コロナウイルス関連の情報やその変化を注視し、精神保健福祉分野の専門相談機関としての役割を考え、果たしていくことが重要であると考えられる。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
MedicalOnline
著者小泉 典章(長野県精神保健福祉センター)ほか収載誌/巻号頁こころの健康 (0912-6945)/35巻2号 p.2-7発行年月2020.12
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V426510016<Pre 医中誌>】(原著論文)
COVID-19流行下における保健医療福祉系学生の抑うつ傾向に関連する要因
抄録
COVID-19流行下における学生のメンタルヘルス向上に向けた保健指導のための示唆を得ることを目的として、抑うつ傾向とCOVID-19流行に伴う不安感との関連について検討した。2020年11月に調査し北海道内の学生811名を分析対象とした。解析の際には目的変数をThe Center for Epidemiologic Depression Scale(CES-D)、説明変数をCOVID-19に関する現在の不安感とした。高うつ群(CES-D16点以上)は、COVID-19に感染した場合に周囲から責められないか、アルバイトを十分にできず経済的に苦しくならないか不安であった。さらに、卒業後の進学・就職先が変わらないか、予定通りの資格や免許が取得できるかも不安に感じていた。多変量解析(変数増加法)では、アルバイトを十分にできず経済的に苦しくなるのではないか、COVID-19に感染した場合、周囲から責められないか不安の2項目が学生の抑うつ傾向に対して有意に関連していた。保健指導実施時には特に、経済面や社会的スティグマに対する情緒的サポート及び具体的な支援情報の提供が重要だと考えられる。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者米田 龍大(北海道医療大学 大学院看護福祉学研究科博士後期課程)ほか収載誌/巻号頁北海道公衆衛生学雑誌 (0914-2630)/34巻2号 p.91-99発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V421120008<Pre 医中誌>】(解説)
新型コロナウイルス状況下での人間性心理学の実践 私設相談室の立場から
リンク情報
医中誌Web
著者下田 節夫(幡ヶ谷カウンセリングルーム)収載誌/巻号頁人間性心理学研究 (0289-4904)/38巻2号 p.229-235発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V420210014<Pre 医中誌>】(会議録)
コロナ禍におけるオンラインカウンセリングの可能性
リンク情報
医中誌Web
著者竹重 幸(京都大学 大学院)収載誌/巻号頁保健医療社会学論集 (1343-0203)/32巻32 p.38発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V419600208<Pre 医中誌>】(会議録)
COVID-19が医療従事者のメンタルヘルスに与えた精神的影響と因子
リンク情報
医中誌Web
著者石川 元直(東京女子医科大学東医療センター 内科)ほか収載誌/巻号頁感染症学雑誌 (0387-5911)/95巻95 p.269発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V415060009<Pre 医中誌>】(解説)
【災害と睡眠-COVID-19パンデミックを受けて-】睡眠看護学からみたCOVID-19
抄録
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大下における一般市民の睡眠は、睡眠時間が延長した一方で、睡眠の質は悪化していた。感染症情報への曝露頻度の高さ、社会的交流の制限、ソーシャル・サポートの減少、学業などへの支障、身体的健康度の低さ、高齢者では孤独感もまた、低い睡眠の質と関連していた。不確かな状況では、医療・健康情報を適切に評価・判断できるヘルスリテラシーも重要となる。・医療従事者の不眠の出現は、他の職業に比べ有意に高かった。医療従事者へのソーシャル・サポートは、不安およびストレスレベルの低減、自己効力感の向上を介して睡眠の質に影響していた。新興感染症医療に従事する前の適切なトレーニング、休息時間の確保のためのシフト時間の制限や休憩所の提供などの労働環境の改善、メンタルヘルスサポートの提供体制が求められる。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者尾崎 章子(東北大学 大学院医学系研究科老年・在宅看護学分野)収載誌/巻号頁睡眠医療 (1882-2096)/15巻1号 p.65-69発行年月2021.03

もっと見る

社会的影響に関する文献

医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
リンク情報
著者収載誌/巻号頁発行年月
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V507340006<Pre 医中誌>】(原著論文)
新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言による歯科介入中断が介護施設および障害者施設入所者に及ぼす影響
抄録
緒言:新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言下において、訪問歯科診療を控える動きが広まっているが、施設への影響について不明な点が多い。今回、緊急事態宣言による歯科介入中断が介護施設および障害者施設入所者に及ぼす影響について施設職員へ調査したので報告する。対象・方法:岐阜県の253施設を対象に研究の説明文とともに無記名の自記式質問紙を郵送にて配布した。調査内容は回答者の職種、施設形態、歯科医師および歯科衛生士の介入、緊急事態宣言後において入所者の食事環境および口腔健康管理に対し施設職員が行った対応、緊急事態宣言前後の歯科介入中断の有無・中断期間、入所者の食事時および口腔健康管理時の変化、2018年から2020年の各月における肺炎発症者数、入院者数、死亡者数とした。結果:質問紙の回収数は91部(回収率36.0%)であった。緊急事態宣言後に歯科介入を中断しなかった「中断なし施設」と比較して、中断した「中断あり施設」のほうが、緊急事態宣言後に摂食状況および口腔内環境が変化したと回答した数が有意に多かった(χ2検定:p=0.027、p<0.001)。「中断あり施設」のほうが、食事時のむせの回数、食事介助や食事指導の必要な方、口腔内の汚れや口臭、歯科治療や専門的口腔衛生管理の必要な方が増加していた。考察:本調査より、歯科介入を中断した介護施設および障害者施設では、施設入所者の摂食状況や口腔内環境が悪化していたことが明らかとなった。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
J-STAGE(無料)
著者近石 壮登(朝日大学 歯学部障害者歯科学分野)ほか収載誌/巻号頁老年歯科医学 (0914-3866)/35巻4号 p.287-295発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V430600007<Pre 医中誌>】(原著論文)
Withコロナ(SARS-CoV-2)時代に取り入れられた「新しい生活様式」で推奨されている「手洗い・手指消毒」の検証 細菌測定検査からの考察
リンク情報
医中誌Web
著者三浦 由美(小田原短期大学)収載誌/巻号頁小田原短期大学研究紀要 (2432-6267)/51号 p.247-257発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V426350004<Pre 医中誌>】(解説)
分娩介助技術習得に向けた遠隔授業に備えた取り組み ポストコロナを見据えた視聴覚教材の作成
抄録
本学は、学士課程(選択)で助産師を養成している。学士課程の過密でタイトなスケジュールは、分娩介助技術に充分な時間を費やすことが難しく、学生の不安が大きいまま助産学実習に臨むという現状がある。そのため、効率的かつ効果的な教育方法として視聴覚教材に着目した。今年度の分娩介助技術の演習は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で遠隔授業となり、市販のDVDを使用した。しかし、市販のDVDは初学者である学生のレディネスに合ったものではなかった。よって、学生をよく知る教員により、学生の視点に立って考えた分娩介助技術の動画を作成したので報告する。動画の作成方法は、教員が分娩の直接介助者となり、教科書の手順に則って分娩介助の一連の動作を実施し、その動作を撮影した。学生が難しいと感じる会陰保護の技術では、細かな手指の動きに焦点を当てた静止画や動画を撮影し、学生の理解が進むように、動画編集アプリを用いて編集した。時間と場所を選ばず何度も視聴できる動画は、自己学習のツールとなり、助産学実習に向けての不安の軽減につながると考える。また、遠隔授業を余儀なくされる社会情勢の変化にも対応できると考える。今後は、動画を実際に使用し、評価することで、内容の充実を図ることや活用方法を検討していきたい。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者冨田 英里子(神戸女子大学 看護学部)ほか収載誌/巻号頁神戸女子大学看護学部紀要 (2423-9240)/6巻 p.25-28発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V426140002<Pre 医中誌>】(解説)
【新人ナースのための クイズ&間違いさがしでイメトレ!麻酔看護】ウィズコロナ時代の入室時の環境整備と物品準備のこれだけチェック!
リンク情報
医中誌Web
著者齋藤 一彦(福井県立病院 看護部手術室)収載誌/巻号頁オペナーシング (0913-5014)/36巻5号 p.451-460発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V420210013<Pre 医中誌>】(会議録)
同性パートナーと子育て中の女性から見た新型コロナウィルス緊急事態宣言期間中の暮らし
リンク情報
医中誌Web
著者藤井 ひろみ(国家公務員共済組合連合会大手前病院)収載誌/巻号頁保健医療社会学論集 (1343-0203)/32巻32 p.37発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V420010006<Pre 医中誌>】(解説)
視点 これからの社会福祉の展望 コロナ禍が教える地域医療のあり方
リンク情報
医中誌Web
著者宮武 剛(日本リハビリテーション学舎)収載誌/巻号頁月刊福祉 (1341-6669)/104巻6号 p.46-49発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V414550003<Pre 医中誌>】(解説)
ウィズコロナ コロナ禍における周産期医療 一次医療機関に勤務する産科医の立場から
リンク情報
医中誌Web
著者上田 寛人(弘和会森産科婦人科病院)収載誌/巻号頁北海道医報 (0913-0217)/1231号 p.24-25発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V413450020<Pre 医中誌>】(原著論文)
新型コロナウィルス緊急事態宣言発令下で登校ができない時の大学生の食生活状況
リンク情報
医中誌Web
著者三澤 朱実(東京家政学院大学)収載誌/巻号頁北陸公衆衛生学会誌 (0386-3530)/47巻47 p.84-87発行年月2020.11
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V412600003<Pre 医中誌>】(解説)
診療所新時代 いまこそ診療所の時代!(第37回) 地域を楽しもう 新型コロナ禍の中での地域医療研修を模索
リンク情報
医中誌Web
著者中村 伸一(おおい町国民健康保険名田庄診療所)収載誌/巻号頁地域医療 (0289-9752)/58巻4号 p.390-395発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V412130241<Pre 医中誌>】(会議録)
胸腰椎変性疾患に対する電話診療の治療効率と問題点 ウィズコロナ時代に通用する外来診療法の追求
リンク情報
医中誌Web
著者林 和憲(大阪市立十三市民病院 整形)ほか収載誌/巻号頁Journal of Spine Research (1884-7137)/12巻3号 p.167発行年月2021.03

もっと見る

病院管理に関する文献

医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
リンク情報
著者収載誌/巻号頁発行年月
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V428370001<Pre 医中誌>】(解説)
「がん治療」最前線[特別編] 春を迎え新型コロナウイルスの感染者数が急増 がん患者は新型コロナから如何にして身を守ったらいいのか 重要なことは、コロナ流行前と同じペースで病院を受診し、検査・治療を受けること
リンク情報
医中誌Web
著者上 昌広(医療ガバナンス研究所)収載誌/巻号頁ライフライン21がんの先進医療/41巻 p.3-7発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V426250013<Pre 医中誌>】(解説)
看護部長のためのセレンディピティマネジメント 成功を引き寄せる能力の磨き方 看護部長の暗黙知を分析して形式知に転換し、あらたなナレッジを創造する(第34回) 看護部長のための戦略キャンバスシリーズ コロナ禍であっても生き残る筋肉質の病院組織をつくる【アフターコロナは戦略で攻略】戦略キャンバスの見直し!
リンク情報
医中誌Web
著者佐藤 美香子(東鷲宮病院 看護部)収載誌/巻号頁看護部長通信/19巻1号 p.95-103発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V426070004<Pre 医中誌>】(解説)
【With COVID-19時代のシミュレーション教育・オンライン診療】シミュレーション教育 フィラデルフィア小児病院シミュレーション・フェローシップ
抄録
<文献概要>フィラデルフィア小児病院シミュレーションセンターでのフェローシップでは,優れたファシリテーターになるためのトレーニングや,高規格シミュレーターの取り扱いを含むシミュレーション教育,論文の読み方・書き方,査読の考え方に加え,疫学・統計学も学ばせていただいた.国際学会での発表や,オーストラリア・シンガポールでプレゼンテーションの機会をいただいたことも貴重な経験であった.そして何よりも,医療人としての成長を強力にサポートしてくださったVinay Nadkarni先生,西崎彰先生という素晴らしいメンターに出会えたことに心から感謝している.
リンク情報
医中誌Web
医書.jp_オールアクセス
著者黒澤 寛史(兵庫県立こども病院 小児集中治療科)収載誌/巻号頁小児科 (0037-4121)/62巻4号 p.322-327発行年月2021.04
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V423230037<Pre 医中誌>】(解説)
大学病院総合診療の現場からみたCOVID-19
リンク情報
医中誌Web
著者佐々木 陽典(東邦大学医療センター大森病院 総合診療・急病センター)収載誌/巻号頁ジェネラリスト教育コンソーシアム/15巻 p.214発行年月2020.12
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V422400005<Pre 医中誌>】(解説)
新型コロナウイルス感染症のパンデミックは認知症診療をどう変えたか? 総合上飯田第一病院・老年精神科での経験
リンク情報
医中誌Web
著者鵜飼 克行(総合上飯田第一病院 老年精神科)収載誌/巻号頁日本認知症予防学会誌 (2187-3798)/10巻2号 p.28-32発行年月2021.03
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V421190020<Pre 医中誌>】(解説)
【地域連携に使おう!指導時に伝えよう!療養型病院&高齢者施設&精神科病院&障害者施設 新型コロナウイルスDo & Do Not】障害者施設における感染対策Do & Do Not
リンク情報
医中誌Web
著者松永 早苗(神奈川県立保健福祉大学実践教育センター)収載誌/巻号頁INFECTION CONTROL (0919-1011)/30巻5号 p.516-522発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V421190019<Pre 医中誌>】(解説)
【地域連携に使おう!指導時に伝えよう!療養型病院&高齢者施設&精神科病院&障害者施設 新型コロナウイルスDo & Do Not】精神科病院における感染対策Do & Do Not
リンク情報
医中誌Web
著者笹隈 友美(福岡県立精神医療センター太宰府病院 看護部)収載誌/巻号頁INFECTION CONTROL (0919-1011)/30巻5号 p.512-515発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V421190018<Pre 医中誌>】(解説)
【地域連携に使おう!指導時に伝えよう!療養型病院&高齢者施設&精神科病院&障害者施設 新型コロナウイルスDo & Do Not】高齢者施設における感染対策Do & Do Not
リンク情報
医中誌Web
著者前永 和枝(緑泉会まろにえ介護老人保健施設 看護部)収載誌/巻号頁INFECTION CONTROL (0919-1011)/30巻5号 p.507-511発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V421190017<Pre 医中誌>】(解説)
【地域連携に使おう!指導時に伝えよう!療養型病院&高齢者施設&精神科病院&障害者施設 新型コロナウイルスDo & Do Not】療養型病院における感染対策Do & Do Not
リンク情報
医中誌Web
著者高濱 正和(方佑会植木病院 看護部)収載誌/巻号頁INFECTION CONTROL (0919-1011)/30巻5号 p.502-506発行年月2021.05
医中誌Web文献番号/論文種類
論文タイトル
【V421130006<Pre 医中誌>】(解説)
重症心身障害児(者)の受け入れ体制と医療連携 新型コロナウイルス感染症対策における西別府病院の取り組みの現状と課題
抄録
新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)が国内で感染拡大する中、重症心身障害児(者)(以下、重症児(者))が感染罹患した場合の対応が求められる。西別府病院では重症心身障害病棟で入院患者の感染が発生した場合と、行政からの要請による介護者がCOVID-19に感染し濃厚接触者となった在宅の重症児(者)の受け入れについて対策を進めてきた。受け入れ病床の選定や、患者移動などの受け入れを想定したシミュレーションを実施した後、医療圏内の感染拡大期に両親がCOVID-19を発症し、濃厚接触者となった重症児1例の受け入れを経験した。実際の受け入れを通して、シミュレーションの成果とともに様々な課題が判明した。COVID-19発症の可能性が高い中、意思疎通を含めた監視の困難さや生活介助など、COVID-19感染者と同等の処置や感染対策が求められ、夜勤体制など看護の負担も大きかった。重症児(者)のCOVID-19管理では様々な課題も想定される中、報告の集積が望まれる。(著者抄録)
リンク情報
医中誌Web
著者梶川 優(国立病院機構西別府病院 感染制御チーム)収載誌/巻号頁日本重症心身障害学会誌 (1343-1439)/46巻1号 p.37-38発行年月2021.04

もっと見る